環境 DNA分析

当センターの研究手法について

コップ一杯の水で、生態系情報化社会へ。当センターが進める研究手法・環境DNA分析による生物モニタリングは、河川・池・海などの生態調査を、生物を捕獲せずに可能にする技術です。

環境DNA分析とは?

水を汲み解析すると、そこに住む生き物がわかる研究手法です。
例えて言うと・・・鑑識の捜査みたいなもの
環境DNA分析の2つの方法

出発点は水。その水の中から、種ごとの検出や、その一帯にどんな種別がいるのか?という検出まで、DNAだけを検出して調べることが可能です。

既存の調査手法との違い

これまでの調査→環境DNA分析

これまで知りえなかった
生態情報の大量取得が可能に!

例えば、こんなコトが可能に!
学術・社会への貢献

水産資源、外来種、環境問題などにおいて、データに基づき、エビデンスベースでの行政判断が可能となります。

環境DNA分析のこれから

多くの課題と生まれうる関連業務

当センターは一般社団法人環境DNA学会の創設に大きく関わり、学会事務局は現在、当センター内に設置されています。環境DNA分析に関わる全国的な動きと連動しつつ、活動しています。

例えば数十年後には、水産予報も・・・
環境モニタリング体制を滋賀県で実現し、全国に先駆けたロールモデルに!
  • ・ サンプルの集積
  • ・ データの集積・公開
  • ・ 各種意思決定のベースになるデータの継続公開