龍⾕⼤学⽣物多様性科学研究センター
龍⾕⼤学⽣物多様性科学研究センター

琵琶湖から、“水”の研究を世界へ。 琵琶湖から、“水”の研究を世界へ。
ただ、水を採取するだけ。環境DNAが叶える新しい生物モニタリングただ、水を採取するだけ。環境DNAが叶える新しい生物モニタリング
「バケツ1杯の水で、 生態系情報化社会へ」 「バケツ1杯の水で、 生態系情報化社会へ」

当センターについて

琵琶湖から、水の研究を世界へ。龍谷大学生物多様性科学研究センターは、龍谷大学瀬田キャンパス(滋賀県大津市)を拠点に、環境DNA分析を核とした新たな生態調査の提案と、それに基づく社会貢献を進める研究拠点です。

研究手法について

コップ一杯の水で、生態系情報化社会へ。当センターが進める研究手法「環境DNA分析」による生物モニタリングは、河川・池・海などの生態調査を、生物を捕獲せずに可能にする技術です。

これまでの実績

当センターに所属する研究者は、生物多様性科学に関する学術論文を継続的に発表するとともに、学術論文の審査・編集を行い、科学の振興に貢献しています。

研究者

生物多様性科学研究センターの研究活動には、10か所の研究機関から19人の研究者が参加しています。