Center for Biodiversity Science

生物多様性科学研究センター

ホーム 研究 生物多様性科学研究センター > 研究活動 > 論文 > 客員研究員の徐寿明博士、山中裕樹准教授の論文が『Environmental DNA』 に受理されました

客員研究員の徐寿明博士、山中裕樹准教授の論文が『Environmental DNA』 に受理されました

2022.07.19 | 論文

当センター客員研究員の徐寿明博士、山中裕樹准教授が、魚類環境RNAが環境DNAよりも分解されやすいことを実証した論文が、科学雑誌『Environmental DNA』に受理されました。

世界初、魚類環境RNAが環境DNAよりも分解されやすいと実証

Environmental DNA


*関連記事が下記の通り掲載されました。

→『日経バイオテク』 龍谷大、魚類環境RNAが環境DNAよりも分解されやすいことを世界で初めて実証 龍谷大学先端理工学部山中裕樹准教授らが異なる環境条件下での魚類環境RNAの残存性を評価 環境RNA技術を用いた生理生態調査の実現性が高まる